2018/03/14 19:00

『リメンバー・ミー』の石橋陽彩と松雪泰子が明かすアフレコの苦労

『リメンバー・ミー』日本版声優の石橋陽彩と松雪泰子
『リメンバー・ミー』日本版声優の石橋陽彩と松雪泰子

第90回アカデミー賞で、長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞したディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)で、日本吹替版声優を務めた石橋陽彩と松雪泰子。陽気な音楽に彩られた感動のファンタジー・アドベンチャーで、美しい歌声を披露した2人にインタビューし、アフレコの舞台裏について話を聞いた。

主人公は、ミュージシャンになることを夢見る少年・ミゲル(石橋陽彩)。でも、ミゲルは、ひいひいおばあちゃんのイメルダ(松雪泰子)の代から受け継がれてきた“音楽禁止”という掟があるため、人前でギターを弾くことも歌うことも許されない。そんなミゲルがひょんなことから、先祖の魂を迎えるお祭り“死者の日”に、カラフルな死者の国へと紛れ込んでしまう。彼はそこで陽気だけれど孤独なガイコツ、ヘクター(藤木直人)と出会い、彼と共に家族の秘密を知ることになる。

石橋は、テレビ番組「『Sing! Sing! Sing!』世紀の歌声!生バトル・日本一の歌王決定戦」のジュニア部門でグランプリを獲得するなど、幼少期から “奇跡の歌声”と絶賛された歌唱力の持ち主だ。今回演じたミゲルを「すごくマジメで喜怒哀楽が豊かだけれど、自分が決めたことには一直線で駆け抜けるキャラクター」として捉えつつ、自分と彼との共通点を見出していった。「僕もミゲルと同じく音楽が大好きで、ミュージシャンになりたいという思いは一緒だったから、そこはすごく演じやすいと思いました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >