2018/03/14 13:16

中国語で『空海』の新たな魅力を発見!ファン待望のインターナショナル版上映が決定

中国語で『空海』にまた会える!/[c]2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
中国語で『空海』にまた会える!/[c]2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film

巨匠チェン・カイコー監督が夢枕獏の原作をもとに描いた日中共同製作の超大作『空海-KU-KAIー美しき王妃の謎』。染谷将太や阿部寛、ホアン・シュアンをはじめとする日中オールスター俳優の共演と、吹替キャストを務めた高橋一生や吉田羊、イッセー緒形など主役級の俳優陣の熱演が話題となっている。

2月24日の公開から18日間(3/13現在)で観客動員数100万人、興行収入12億円を突破し、なおも快進撃を続けている本作だが、本作を鑑賞したファンからは「中国語での上映も是非見てみたい!」「鑑賞から2日経ちましたが、まだ余韻に浸ってます。次は字幕で見たい」など、字幕版(中国語)での上映を望む声が続々と寄せられていた。

そこで、数多く寄せられたリクエストに応える形で、3月24日(土)より全国19劇場にてインターナショナル版(中国語音声/日本語字幕版)の上映が決定。

白楽天役のホアン・シュアンをはじめ、豪華中国人キャストの声や演技がダイレクトに楽しめるのはもちろん、中国語吹替キャストにもこだわって制作されており、アフレコには約5か月を費やしたという。

染谷が演じた空海の吹替えを担当した楊天翔(ヤン・ティエンシアン)は染谷の声色とそっくりで、日本人特有のなまりや言い回しなどの細かい表現にも注目だ。阿部寛が演じた阿倍仲麻呂も50人以上の候補者から選び抜いたということで、並々ならぬ熱意が込められたインターナショナル版で『空海』ワールドの新たな魅力に触れてほしい!(Movie Walker・文/編集部)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >