2018/03/15 13:00

米倉涼子&溝端淳平、アベンジャーズ初参戦の“ももクロ”百田の発言に「やっぱりアイドルは違う!」と感心しきり

左から、溝端淳平(ファルコン)、米倉涼子(ブラック・ウィドウ)、「アベンジャーズ」初参戦の百田夏菜子(シュリ)
左から、溝端淳平(ファルコン)、米倉涼子(ブラック・ウィドウ)、「アベンジャーズ」初参戦の百田夏菜子(シュリ)

『スター・ウォーズ』や『ハリー・ポッター』を超える、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作にして10周年の記念作品となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)。過去最大の戦いが予想される本作の集結式が14日に行われ、日本語吹替えを担当する米倉涼子、溝端淳平、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が登壇。それぞれの“ラスボス”的な存在、最強のアイテムなどを告白し合い、早くも抜群のチームワークを見せてくれた。

最凶最悪の“ラスボス”サノスが登場する最新作始動を前に、アイアンマン、キャプテン・アメリカと並んで意気込みを語った日本語版キャストたち。

まずはクールな美人エージェント、ブラック・ウィドウ役の米倉が登場し、「チームで負けない気持ちを持って、挑んでいきたいと思っています」と宣言。続いて登場した、キャプテン・アメリカの相棒であるファルコン役の溝端。原作となるマーベル・コミックも読んでいるという彼は「ついに来ましたね、サノスが」とファン目線でやや興奮気味。そのほか、「ドクター・ストレンジとブラックパンサーも新メンバーとして参戦します」と今作のキャラクターについて紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >