2018/03/21 20:30

「世界で通用するアニメには、実写のバックグラウンドが活かされている」Production I.G社長が明かすVODアニメ製作秘話

日本を代表するアニメーション制作会社のひとつ、Production I.Gの石川光久社長
日本を代表するアニメーション制作会社のひとつ、Production I.Gの石川光久社長

『GHOST IN THE SHELL/ 攻殻機動隊』(95)をはじめ日本を代表するハイクオリティな作品を世に送り出し続けているアニメーション制作会社、Production I.G。1月31日にアメリカのNetflixと包括的業務提携することを発表した同社は、最新オリジナルアニメシリーズ「B: The Beginning」を3月2日からNetflixにて全世界同時配信している。クエンティン・タランティーノ監督作『キル・ビル』(03)のアニメーション・パートを手掛けたことでも知られるアニメーター、中澤一登が監督を務めるこのシリーズ。“Netflix独占配信”となった経緯をProduction I.Gの石川光久社長に聞いてみた。

独占配信中の「B: The Beginning」は、Netflixからは2015年にオリジナルアニメの制作オファーがあったという。

「Production I.Gの黒木類プロデューサーが『中澤さんでシリーズを作りたい。内容はダークヒーローもので、できれば企画書ではなくパイロット版を作りたい』と言っていたんです。中澤さんには『キル・ビル』でも相当お世話になりましたし、アメリカの人気バンド、リンキン・パークのシングル『Breaking the habit』のPVなどで、カッコいい映像を作る方だということは知っていました。特にTVアニメシリーズ『黒子のバスケ』のアクションシーンは、中澤さんがすごく描いてくれて。そういったなかでの“中澤さんを監督に迎えての作品”という流れは良かったんですね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >