2018/03/23 20:00

リュック・ベッソンが映画作りのモットーを明かす!「自分のインスピレーションを常に追いかけていく」

フランス映画界の巨匠リュック・ベッソン監督に直撃!/[c]2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION
フランス映画界の巨匠リュック・ベッソン監督に直撃!/[c]2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION

『グラン・ブルー』(88)や『レオン』(94)で知られるリュック・ベッソン監督が、驚異的なスケールで描きだしたSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(3月30日公開)を引っさげて来日。幼少期のベッソンを虜にした原作の魅力と、30年以上一線級で活躍し続ける彼のキャリアを支えてきた強い信念を語ってくれた。

本作は、あらゆる種族が共生する巨大宇宙ステーション「アルファ」を舞台に、宇宙の平和を守る連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)が、ある任務の過程で宇宙の歴史から抹殺されていた秘密を目の当たりにするSFアドベンチャーだ。フランス映画史上最大の規模で制作された本作についてベッソンは「僕は自分にできる最大の努力をしただけだよ」と、謙虚に振り返る。

原作の独特な世界観を再現する上で、特に大変だったシーンを尋ねると、序盤に登場するビッグマーケットのシーンだという。「あまりにも複雑で、言葉で説明しようがないんだ」と、2つの世界が同時に同じ場所で存在しているこのシーンに苦労したエピソードを明かすベッソン。「1時間かけて(VFXを制作する)ILMのスタッフに説明したんだけれど、誰も僕がやりたいことを理解してくれなかったんだ。絵コンテもあったけれど、説明するのは難しい。映像を観ればわかってもらえるんだけどね(笑)」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >