2018/03/30 08:00

リーアム・ニーソン、『トレイン・ミッション』の監督は「スピルバーグと同じく稀有な監督」

『トレイン・ミッション』のリーアム・ニーソンにインタビュー/[c] STUDIOCANAL S.A.S.
『トレイン・ミッション』のリーアム・ニーソンにインタビュー/[c] STUDIOCANAL S.A.S.

主演映画『トレイン・ミッション』(公開中)を携え、『バットマン ビギンズ』(05)のキャンペーン以来13年ぶりに来日したリーアム・ニーソン。本作のジャウム・コレット=セラ監督とは、『アンノウン』(11)、『フライト・ゲーム』(14)、『ラン・オールナイト』(15)に続き、4本目のタッグとなった。65歳にして体当たりのアクションに挑み続けるリーアムに、本作の撮影秘話を聞いた。

リーアムは、ジャウム監督に絶大なる信頼を置いているようで「とにかく監督のことが大好きだ。常にインスピレーションを与えてくれるし、監督としての力量もどんどん向上している。彼はスピルバーグ監督のように、いつも作品の全体像が頭のなかに見えているという稀有な監督だ」と再タッグを心から喜んでいた。

本作は、会社をリストラされた60歳のマイケル(リーアム・ニーソン)が、 通勤電車のなかで謎の女に遭遇し、ある乗客を探せば報酬10万ドルを支払うという話を持ちかけられる。息子の学費や住宅ローンの支払いを抱えたマイケルは、躊躇しながらもその依頼を受け、元警官のスキルを駆使して対象となる乗客を探し始める。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >