2018/04/04 08:00

のんの『この世界の片隅に』“すず役”はなぜ心を打つのか?結婚観も直撃!

のん、すずに憧れるのは「きちんと結婚生活を送れているところ!」
のん、すずに憧れるのは「きちんと結婚生活を送れているところ!」

2016年の日本映画界を席巻し、ロングラン大ヒットを記録している映画『この世界の片隅に』。いまも絶賛の声が止まらない本作だが、このほどNetflixでのSVOD独占配信がスタート。さらに多くの人々のもとへと届けられる。本作が傑作となった大きな理由のひとつは、主人公・すず役の声にぴったりとハマった女優、のんの存在だ。なぜ、のんが息を吹き込んだすずは人々の心を打つのか。「特別な作品で、代表作と言えるものになった。きっと今後もそれは揺るがない」と愛をあふれさせるのんに、本作を経ての変化と結婚観を聞くとともに、改めて“のん=すず”の魅力に迫ってみたい。

こうの史代の同名漫画を片渕須直監督が映画化した本作。第二次大戦下の広島を舞台に、呉へとお嫁にやってきたすずが懸命に生きていく姿を描く。配給物資が減っていくなかでも、工夫を凝らして食卓をにぎわせたり、家族と笑顔を育みながら生きるすず。プロモーションで各地をまわったのんは、観客から「毎日をしっかりと暮らしていくこと、日々の生活の大切さを感じた」という声を多くもらったそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >