2018/04/05 11:15

『娼年』松坂桃李が肌と肌の対話でたどり着いた境地とは?

『娼年』の松坂桃李にインタビュー
『娼年』の松坂桃李にインタビュー

石田衣良の同名小説を、松坂桃李主演、三浦大輔演出で舞台化した「娼年」が、今度は2人によって映画化され、4月6日(金)より公開となる。センセーショナルな性描写が先行して話題となっているが、1人の青年が心と身を解放し、次第に人間愛に目覚めていく成長譚としても、本作は見応えがある。撮影が終わったあとは完全燃焼したという松坂に、過酷だったという現場を振り返ってもらった。

松坂が演じるのは、会員制ボーイズクラブの娼夫・リョウとなった大学生・森中領。リョウは、いろんな年齢の女性たちと逢瀬を重ね、彼女たちの欲望を解放していく。

『娼年』について、舞台も含め「やらないという選択肢はなかったです」とキッパリ言う松坂。「いま、このタイミングでお話がいただけたのは、本当にラッキーでした。30代に向け、自分にとっていい経験になるし、また違う扉を開くことになるんじゃないかと思いました。実際、『孤狼の血』(5月12日公開)のお話も、『娼年』の舞台を観た白石監督が声をかけてくださった。とてもありがたかったです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >