2018/04/05 16:00

Netflixは“アニメの未来”をどう変える?ボンズ南雅彦社長を直撃!

「アニメ業界にとってひとつの転換期になる」と語るボンズ南雅彦社長
「アニメ業界にとってひとつの転換期になる」と語るボンズ南雅彦社長

2018年1月、アニメ制作会社のProduction I.GとボンズがNetflixとの包括的業務提携を発表。3月から、ボンズ制作のオリジナルアニメ「A.I.C.O. Incarnation」のNetflix配信がスタートした。Netflixは“アニメの未来”をどう変えるのか?ボンズの南雅彦社長を訪れ、話を聞いた。

「A.I.C.O. Incarnation」は、近未来の日本を舞台にしたバイオSFアクション。人工生体の研究中に起きた大事故“バースト”によって家族を失った15歳の橘アイコが謎の転校生・神崎雄哉と出会い、自身の身体に隠された秘密を知っていく姿を描く。

監督を務めた村田和也が本作の原案を思いついたのは10数年前のことだそうで、「企画自体は弊社で進めていた企画を村田監督にお願いしたところ、村田監督の提案でその原案を取り入れることになった。人工生命体が人や世界に与える影響とは、どのような可能性をもっているのかをドラマにしてみたかった」と南社長。「Netflixさんと一緒にやりましょうという話になったとき、この企画ととても相性がいいと思った」と言うが、その理由についてこう語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >