2018/04/07 10:30

絵本から人形アニメ、CG、実物まで!?進化し続ける「トーマス」の意外な歴史

ソドー島を舞台に、個性豊かな仲間たちとトーマスとのやり取りを描く/[c]2018 Gullane (Thomas) Limited.
ソドー島を舞台に、個性豊かな仲間たちとトーマスとのやり取りを描く/[c]2018 Gullane (Thomas) Limited.

TVアニメだけでなく、春のファミリームービーとしても定着し、最新作『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』が本日から公開されているトーマス。架空の島ソドー島を舞台に機関車をモチーフとした個性豊かなキャラクター達のユーモアあふれるやり取りで人気を博すこのキャラクターだが、その歴史を改めてひも解いてみると、意外な進化を遂げていた!?

■ もともとはイギリス生まれの絵本として誕生!

知らない人も多いかもしれないが、さかのぼること約70年、1945年にイギリスで創刊された「汽車のえほん」シリーズがトーマスの原型だ。横広の体裁で見開きごとに絵と文章でつづられていく機関車たちの物語はイギリスでベストセラーとなると、日本でも学校や街の図書館の蔵書の定番に。70年代〜80年代前半に生まれた人はアニメよりも、絵本でトーマスに慣れ親しんだということも多いのではないだろうか。

■ ガチャピンとムックも大好き!?人形アニメとして一気に知名度アップ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >