2018/04/11 22:35

「自衛隊基地に絶対立ち入れない場所があって…」樋口真嗣が明かす新アニメ「ひそまそ」想像の源とは?

「ひそねとまそたん」の上映付きトークイベントが開催
「ひそねとまそたん」の上映付きトークイベントが開催

『シン・ゴジラ』(16)の樋口真嗣、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里、「交響詩篇エウレカセブン」のアニメ制作スタジオBONESらトップクリエイターが集結した、4月12日(木)より放送開始の新TVアニメ「ひそねとまそたん」。本作の“放送前夜祭”として先行上映&トークイベントが4月11日に新宿ピカデリーにて開催され、総監督を務める樋口真嗣をはじめとするスタッフ、キャストが意外な制作の裏側を明かした。

1話と2話を上映後、実施されたトークイベント。樋口のほか、主人公・甘粕ひそね役の久野美咲、ひそねのライバル貝崎名緒役の黒沢ともよ、そして本作のオープニング曲を担当した福本莉子の4人が登壇。観客から大きな拍手で迎え入れられると、樋口は「オリジナルで話を考えて、ここにいるみんなで作り上げていったところがあるので皆さんに受け入れられてうれしいです」と安堵の表情を浮かべていた。

本作は航空自衛隊を舞台に、戦闘機に擬態するドラゴン・まそたんと、まそたんの乗り組み要員として選ばれた女性自衛官のひそねの交流を描くファンタジー。この突飛な設定について樋口は「よくロケで自衛隊の基地に行くんですけど、絶対こっちは撮らないで下さいっていう場所があるんです。そこに格納庫とかがあって、巨大な生き物でも隠してるんじゃないかとかいろいろ妄想しちゃうんですよ。その話を酒飲みながら岡田さんにしたら『それだ!』ってなって、このアニメがスタートしました」とその起源を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >