2018/04/12 07:00

大杉漣が俳優魂を捧げた“生”と“死”のドラマ。初のプロデュース作にして最後の主演作『教誨師』の特報がお目見え

大杉漣最後の主演作から特報が到着!/[c]「教誨師」members
大杉漣最後の主演作から特報が到着!/[c]「教誨師」members

今年2月21日に惜しくも急逝した名バイプレイヤー、大杉漣が主演とエグゼクティブプロデューサーを務め、死刑囚と対話する男の姿を描きだした『教誨師』が10月6日(土)から公開。このたび本作の特報映像が解禁された。

大杉が演じるのは、刑務所で受刑者の救済を行い改心に導く教誨師。本作は彼が6人の死刑囚たちと教誨室という空間の中で語り合う姿を通して、人間の本質を浮き彫りにしていく会話劇だ。

年齢や境遇、性格の異なる死刑囚の理解者であり、話し相手でもある教誨師として、働きはじめて半年になる牧師の佐伯。彼は独房で孤独な生活を送る死刑囚たちに寄り添いながら、自分の言葉は本当に彼らに届いているのか、そして彼らが心安らかに死ねるように導くことは正しいことなのかと苦悩していく。

これまで数え切れないほど多くの映画やテレビドラマに出演し、日本の映像作品になくてはならない存在となっていた大杉。そんな彼でも主演を務めた作品はわずかに数本。そして、プロデュースを務めた作品は本作が最初で最後となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >