2018/04/13 19:42

中村悠一「僕の世代のヒーローは古谷徹さん」『パシフィック・リム』初日舞台挨拶

『パシフィック・リム:アップライジング』の初日舞台挨拶に登壇した中村悠一
『パシフィック・リム:アップライジング』の初日舞台挨拶に登壇した中村悠一

世界的に大ヒットしたSFアクション超大作『パシフィック・リム:アップライジング』の初日舞台挨拶が、4月13日にTOHOシネマズ日比谷で開催。本作の日本語吹替版で声優を務めた中村悠一、早見沙織、森なな子、石川界人が登壇した。人形巨大兵器イェーガーに、2人のパイロットが神経同調システムで“ドリフト”して戦う本作。中村はドリフトしたい相手にリスペクトしているという古谷徹の名を挙げた。

この質問が最初にふられた石川は「自分のバディは外せないから、花江(夏樹)さんなんだろうけど、ちょっと彼は細身なので、フィジカル的なシンクロは得られないかなと。僕はひとりでやります。ヒーローは1人でいい」と答えた。

続いて森が会場に来ている母親と答えたあとで「いや、戦わないといけないわけで」と考え直し「最近勝手に親近感が湧いてる沙織さん。優しいので」と早見を指名。

早見も「え?乗ります?こんなに気軽に世界を救っちゃう?」と2人で意気投合しつつ「私、普段、家でぐだぐだしているのを見せられるかな」とつぶやくと、森は「大丈夫!受け止めるので」と笑顔でうなずいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >