2018/04/17 20:34

細田守監督『未来のミライ』がカンヌ映画祭“監督週間”に選出!上白石萌歌「この上ない幸せ」

『未来のミライ』がカンヌで世界初披露!/[c]2018スタジオ地図
『未来のミライ』がカンヌで世界初披露!/[c]2018スタジオ地図

『おおかみこどもの雨と雪』(12)や『バケモノの子』(15)で知られる細田守監督の最新作『未来のミライ』が、7月20日(金)より公開される。今回の主人公は、都会の片隅にある小さな家で暮らす、甘えん坊な4歳の男の子“くんちゃん”。生まれたばかりの妹に戸惑っていた彼の前に、未来からやってきた妹・ミライちゃんが現れることから始まる、小さなくんちゃんの冒険を描きだす。

このたび本作が第71回カンヌ国際映画祭開催期間中に実施される「監督週間」に選出され、上映されることが決定した。今年が開催50年目の節目となる「監督週間」は、フランス監督協会が主催し、カンヌ映画祭から独立した並行部門。作家性を重視し、映画監督が世界に出て行く登竜門として知られており、これまでもソフィア・コッポラ、日本人では大島渚、北野武などが選出されている。

今回は1609本の応募作品の中から20本の長編作品が選ばれ、アニメーション作品では『未来のミライ』だけが正式招待とのこと。アニメーションのフィールドで「新しい表現」にチャレンジを続けている細田守監督は、前作『バケモノの子』でも第63回サン・セバスチャン国際映画祭において同映画祭史上アニメーションとして初のオフィシャル・コンペティション部門に選出されるなど、表現の垣根を越えた実績を積みあげてきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >