2018/04/26 13:00

『キミスイ』大ヒットで売れっ子の仲間入り!青春映画の新鋭・月川翔が贈る新作に注目

『となりの怪物くん』『センセイ君主』『響-HIBIKI-』と新作ラッシュの月川翔監督 /[c]2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 [c]ろびこ/講談社
『となりの怪物くん』『センセイ君主』『響-HIBIKI-』と新作ラッシュの月川翔監督 /[c]2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 [c]ろびこ/講談社

昨年公開の実写邦画作品において第2位となる累計興収35.2億円を記録し、“キミスイ”ブームを巻き起こした『君の膵臓をたべたい』(17)。同作のヒットで、次代の“青春映画の名手”として一躍売れっ子監督の仲間入りを果たした月川翔監督は、今年3本もの監督作が控えている。

■ 10代の青春を違った角度から捉えた最新作3本

まずは、4月27日(金)に公開される『となりの怪物くん』。個性豊かな高校生たちの青春を映し出す群像劇だ。菅田将暉&土屋太鳳の人気俳優を主演に迎え、予測不能な行動で問題ばかり起こす男子生徒の“怪物くん”と、勉強一筋の冷血女子が、初めての友情と恋を育む模様を描いていく。単なる胸キュンの恋愛モノでも、ただの熱い友情モノでもない、不器用で友達ゼロの2人が少しずつ殻を破っていく姿は観る者の胸を打つはずだ!

続く、学園ラブコメディ『センセイ君主』(8月1日公開)では、“キミスイ”の浜辺美波と再びタッグを組む。浜辺はバカ正直でまっすぐな女子高生役に挑戦。竹内涼真演じる冷徹でひねくれ者な高校教師と、ハチャメチャな“恋愛バトル”を繰り広げる。月川監督は『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16)などでのコミカルな描写にも定評があり、「腹から笑ってキュンとして、ほろりと感動する娯楽映画にしたい」と意気込みも十分だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >