2018/04/23 18:00

享年48歳…映画に愛された作曲家が遺した、日本公開中止の問題作とは?

ジェニファー・ローレンス主演のサイコ・ミステリー『マザー!』/[c] 2017, 2018 Paramount Pictures.
ジェニファー・ローレンス主演のサイコ・ミステリー『マザー!』/[c] 2017, 2018 Paramount Pictures.

2018年2月、自宅アパートで48歳の若さで亡くなったアイスランド出身の作曲家、ヨハン・ヨハンソン。アコースティックな音色とデジタルな音を融合させ、クラシック音楽のような様式美で構築した“ポストクラシカル”の旗手として絶大な人気を誇っていた彼の訃報は、世界に大きな衝撃を与えた。そのヨハンソンが生前に音楽を手がけた日本未公開作品、『マザー!』(17)のDVD&Blu-rayが4月25日(水)より発売。それを記念して彼の功績を振り返る。

■ 映画音楽で目覚ましい実績を残したヨハン・ヨハンソン

ヨハンソンの活動を語る上で欠かせないのが映画音楽での実績だ。2009年のドイツ=アメリカ合作映画『ラブ・クライム』を皮切りにコンスタントに劇伴制作に取り組み、『博士と彼女のセオリー』(14)ではゴールデングローブ賞作曲賞を受賞。彼の特徴とも言える、ストリングスや電子音を効果的に配した楽曲で、時に繊細に時にせつなく物語を盛り上げている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >