2018/04/23 08:00

女子、土俵を降りない。禁断の“女相撲”でDV被害者や元遊女がガチの取り組み!

禁断の“女相撲”の世界をお届け!/[c]2018 「菊とギロチン」合同製作舎
禁断の“女相撲”の世界をお届け!/[c]2018 「菊とギロチン」合同製作舎

2010年に公開され数々の映画賞に輝いた『ヘヴンズ ストーリー』以来8 年ぶりに瀬々敬久監督が自主企画で完成させた、アナーキーな青春群像劇『菊とギロチン』が7月7日(土)より公開される。今回、本作の重要なテーマのひとつである“女相撲”に取り組む女性たちを捉えた劇中写真が解禁された。

本作の舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。登場するのは、かつて実際に全国で興行されていた女相撲の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちだ。

女相撲一座「玉岩興行」には、元遊女の十勝川(韓英恵)や家出娘など、ワケありの娘たちが集まっており、そのなかに主人公の新人力士・花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁だったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。「ギロチン社」の中心メンバーである中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛一郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられ、彼女たちと行動を共にするようになるのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >