2018/04/25 06:00

放送開始から1年半、いまこそ知りたい「仮面ライダーエグゼイド」のススメ!

発表当初、そのゲーム的な瞳の描かれ方が大きな話題を集めた「仮面ライダーエグゼイド」/[c]2018石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映
発表当初、そのゲーム的な瞳の描かれ方が大きな話題を集めた「仮面ライダーエグゼイド」/[c]2018石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映

2016年10月~17年8月にTV放送された「仮面ライダーエグゼイド」。本日4月25日(水)発売のVシネマ『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartIII「仮面ライダーゲンムVSレーザー」』(18)で、同作としてのソフトリリースはほぼ完了する。それを記念して“ゲームと医療”という異色の要素の組み合わせで描かれたヒット作の魅力を改めてひも解いてみる。

■ 4人の医師ライダーが、ゲーム病患者を治療

ゲームのバグから生まれ、人々の暮らしを蝕む謎のウイルス“バグスター”。ゲームが得意な研修医・宝生永夢(飯島寛騎)は、仮面ライダーエグゼイドに変身することを決意、普段は看護師・仮野明日那として行動するゲームキャラクター、ポッピーピポパポ(松田るか)のサポートでバグスターを倒し、ウイルスに感染した患者の命を救っていく――。本作はゲームと医療を「ウイルス」という共通項でひも付け、シンプルなバトル・アクションの設定として見事に昇華させている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >