2018/05/12 18:45

ユマ・サーマン、「キル・ビル」での確執乗り越えタランティーノと再タッグ?

「キル・ビル」シリーズで人気を博したユマ・サーマン/写真:SPLASH/アフロ
「キル・ビル」シリーズで人気を博したユマ・サーマン/写真:SPLASH/アフロ

1994年、クエンティン・タランティーノ監督作『パルプ・フィクション』のヒロイン役で大ブレイクを果たし、一気にスターダムに駆け上がったユマ・サーマン。同監督の『キル・ビル』(03)シリーズでも強烈な印象を残したが、その後タランティーノ作品には全く出演していない。今月4日、エンタメ系ニュースサイトのインタビューに答えたユマは、監督との関係や今後の共作の可能性などについて語った。

ユマとタランティーノ監督の関係が決裂した原因は、『キル・ビル Vol.2』(04)撮影中に起こった自動車事故だ。タランティーノ監督はスタントを立てず、車の運転に自信のないユマにカーアクションを強要したという。その結果、衝突事故に遭ったユマは脳震とうを起こし、首と膝の負傷は「一生後遺症が残る」と診断されたという。しかし今年に入り、タランティーノ監督は事故発生時の録画ビデオをユマに渡して誠意を見せ、ユマも監督の謝罪を受け入れた。動画は今年2月に公開され、ユマは事故を隠蔽しようと画策したプロデューサー陣を、自身のインスタグラムで厳しく非難している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >