2018/05/11 14:45

バチカンの天敵?マドンナ、カトリックがテーマのメットガラで堂々熱唱

今年もメットガラに登場したマドンナ!/写真:SPLASH/アフロ
今年もメットガラに登場したマドンナ!/写真:SPLASH/アフロ

世界屈指のファッション・イベント「メットガラ」が、今年もニューヨークのメトロポリタン美術館で華々しく開催された。特別展覧会のテーマ“カトリック”に合わせて、ゴージャスでユニークな衣装をまとったセレブたちが会場を彩り、モードの祭典を華麗に盛り上げていた。

メットガラ常連のマドンナだが、今年のテーマであるカトリックとは、今まで数々のトラブルを経験してきている。露出度の高い衣装に十字架をモチーフにしたアクセサリーがトレードマークだった活動初期から、マドンナはキリスト教関係者の怒りを買う存在だった。敬虔なカトリックの家庭出身であることや、“聖母マリア”を意味するマドンナという本名も、火に油を注ぐ要素になっていたようだ。89年に発売された「ライク・ア・プレイヤー」のPVでは、「神と教会を愚弄した」と激しいバッシングを受け、マドンナとCM契約をしていたペプシまでが不買運動に巻き込まれた。また、マドンナ自身が十字架に磔になるステージングや、過剰に性的なパフォーマンスなどで、カトリック以外の宗教団体からも激しい非難を受けてきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >