2018/05/14 20:15

宗教がテーマのメットガラ、不敬すぎる“裸同然ドレス”のセレブは?

光輪のアクセサリーを頭につけたブレイク・ライブリー/写真:SPLASH/アフロ
光輪のアクセサリーを頭につけたブレイク・ライブリー/写真:SPLASH/アフロ

ニューヨークのメトロポリタン美術館で7日、恒例のファッションイベント、メットガラが開催された。今年のテーマである“カトリック”をイメージした衣装に身を包んだセレブたちが大勢参加し、バラエティに富んだファッションを披露していたが、リスキーな領域に踏み込んでいたセレブも少なくなかったようだ。

特にきわどさが目立っていたのは、女優のゾーイ・クラヴィッツだ。ゾーイが着ていたサンローランのワンショルダードレスは、ボディの右サイドが全開で、裸に黒いレースの布を巻き付けているだけのように見えるデザインだ。そのうえ、テーマであるカトリックとの関連性もないらしい。

モデルのジョーダン・ダンは、ロングローブから胸の谷間がのぞくオールホワイトのドレスで、“天使のような”イメージを演出。しかし、スカート部分の前合わせが大きく開きすぎており、脚の付け根までばっちり写った写真がタブロイド紙をにぎわせる結果となった。本人は「肌と全く同じ色の下着を着けていたのよ!」と弁解していたが、いずれにしても、股間部分がドレスからのぞいていたことには変わりない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >