2018/05/15 21:00

『この世界の片隅に』でも注目された広島・呉で『孤狼の血』ロケ地巡り!

呉市を一望できるのが灰ヶ峰。劇中では警察とヤクザの間で密談が繰り広げられる/[c]2018「孤狼の血」製作委員会
呉市を一望できるのが灰ヶ峰。劇中では警察とヤクザの間で密談が繰り広げられる/[c]2018「孤狼の血」製作委員会

5月12日に公開を迎えたハードボイルド大作『孤狼の血』(公開中)。警察とヤクザの関係を描いた本作は、生々しいバイオレンス描写や物語の舞台が広島県ということもあり、『仁義なき戦い』(73)のDNAを継ぐ作品との呼び声が高く、その映像から漂うギラギラとした空気感もよく似ている。その理由の1つに『孤狼の血』では、オール広島ロケが敢行されているのだ。

■ 広島・呉は任侠映画の聖地

架空の都市、広島県呉原市を舞台とした本作、名前からも推測が付くと思うが広島県呉市でほとんどのロケが実施されている。呉市は広島県の南西部に位置する瀬戸内海に面した港町。映画やドラマの舞台やロケ地となることも多く『仁義なき戦い』シリーズはもちろんのこと、近年ではアニメーション映画『この世界の片隅に』(16)の舞台として話題に。全国から多くのファンが“聖地”を訪れる現象を巻き起こしたことは記憶に新しい。

■ 呉市街が見渡せる灰ヶ峰で密談撮影

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >