2018/05/18 17:45

是枝裕和監督、リリー・フランキー、樹木希林ら『万引き家族』チームにカンヌの地で直撃!

是枝監督の新作とあり、海外記者からの注目も高かった『万引き家族』
是枝監督の新作とあり、海外記者からの注目も高かった『万引き家族』

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、是枝裕和監督の最新作『万引き家族』(6月8日公開)。上映時には約9分間にわたるスタンディングオベーションで現地の観客に絶賛されたほか「家族と親子についての素晴らしいポートレイト。パルムドール候補だ」などと海外メディアも報じている。上映翌日の「デイリー・マガジン」の星取りでは、最高得点が付いた。公式上映から一夜明け、幾分落ち着いた感じの『万引き家族』チームに話を聞いた。

本作は、年金暮らしの祖母・初枝(樹木希林)の家で、母の信代(安藤サクラ)、父の治(リリー・フランキー)、息子の祥太(城桧吏)、信代の妹・亜紀(松岡茉優)が暮らしており、父子が万引きをして家計を支えている、というストーリー。ある晩、治がアパートの部屋から締め出されている幼女を連れ帰ってきたことから、物語が動き始める。

是枝監督の演出にはサプライズが多いようだ。子どもたちにおおよその筋立てだけを作り、口頭で台詞を教えていくことは有名だが、大人のキャストにも突然やりとりをしなくてはいけないシーンを作る。今回は警察役の池脇千鶴と高良健吾に指示して、取り調べを受ける母・信代役の安藤サクラと信代の妹・亜紀役の松岡茉優に対して、台本にはない質問をしたそう。予期せぬ質問に戸惑い悩む2人のリアクションがリアルだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >