2018/05/21 23:18

産後1か月とは思えない!大輪の花が似合うキャサリン妃に絶賛の声

妊娠時のキャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ
妊娠時のキャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ

今回のロイヤル・ウェディングで、花嫁に負けないほど注目を集めていたのは、先月第3子を出産したばかりのキャサリン妃だ。32日ぶりの公の舞台、そして主役の義姉という重要な立場でもあり、多くの人がキャサリン妃のお目見えを心待ちにしていた。もちろんメディアも同様で、王室メンバーが続々と聖ジョージ礼拝堂に入っていく中、TV中継のキャスターからも、「キャサリン妃はまだでしょうか」というコメントが入っていたほどだ。

招待客がほとんど入場し終わった頃、花嫁の介添を務める小さな子供たちを連れたキャサリン妃が、ロールスロイスに乗って到着した。ページボーイのジョージ王子とブライズメイドのシャーロット王女の付き添いとして、他の介添役の子供たちやその母親たちと連れ立っての登場だった。

この日のキャサリン妃は、大輪の花が添えられたペール・イエローの帽子に、アレキサンダー・マックイーンのコート・ドレスを合わせたエレガントな装い。このオフ・ホワイトのワンピースをキャサリン妃が着るのは、実は今回で3回目だ。初めての着用は2015年7月、シャーロット王女の洗礼式の時で、2回目は2016年の6月の公務の時だった。いずれも今回と同様、美しい花の装飾が施された帽子を合わせていたが、今回は帽子も花も大ぶりで、キャサリン妃の美貌をますます華やかに引き立たせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >