2018/05/25 15:00

『友罪』の生田斗真と瑛太が“慟哭”を演じる難しさを痛感

泣くシーンの難しさを語った瑛太
泣くシーンの難しさを語った瑛太

「心を許した友は、あの少年Aだった。」これは、神戸児童連続殺傷事件をモチーフにした衝撃作『友罪』(5月25日公開)のキャッチコピーだ。この難しい題材に対し、覚悟を決めて挑んだという生田斗真と瑛太を直撃。

原作は薬丸岳の同名小説で、『64-ロクヨンー』2部作(16)の瀬々敬久監督が本作のメガホンをとった。生田はジャーナリストの夢に破れ、町工場で働き始めた益田を、瑛太は過去に殺人を犯し、いまは鈴木という偽名で働く犯罪者を演じた。本作は、少年犯罪の加害者と、彼に関わる人々の視点から、犯した罪の重さや贖罪の難しさを問いかける。

瑛太と3度目の共演を果たした生田は、瑛太の魅力をこう捉えている。「画面からエネルギーがはみでちゃうところです。自分のなかのストッパーみたいなものを外し、表現の自由さを求めていく。たまに瀬々監督から『ちょっといまのはいきすぎかな』と言われ、そこから引いていくことがあるんですが、僕はそういうことがあまりなくて。アプローチの仕方が違ったりするのかもしれない」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >