2018/05/27 13:45

俳優人生で最悪?ジム・キャリー、最新作の酷評でDVDリリースも危機

『トゥルーマン・ショー』などで知られるジム・キャリー/写真:SPLASH/アフロ
『トゥルーマン・ショー』などで知られるジム・キャリー/写真:SPLASH/アフロ

『マスク』(94)、『トゥルーマン・ショー』(98)などのヒット作で知られる俳優ジム・キャリーの最新作『ダーク・クライムス(原題)』(16)が、DVDのリリースも危ぶまれる事態だと報じられた。

『ダーク・クライムス』は、ある殺人事件を調査中の探偵(ジム・キャリー)が、出版されたばかりの小説の内容と調査中の事件が酷似していることに気づく…というストーリー。面白そうな内容の映画に思えるが、劇場公開後は厳しい評価が続いており、識者や評論家による映画レビューのまとめサイト「ロッテン・トマト」の評価レートは、何と「0パーセント」。つまり、“評論家たちからのポジティブな評価はゼロ”という意味だ。

具体的な批評の内容はというと、「鑑賞することが罰ゲーム」「俗悪さの描き方が恥ずべきほど低レベル」「ジム・キャリーの俳優としてのキャリアの中で、最もがっかりさせられたパフォーマンスの1つ」「最悪のドラマティックな演技。自己抑制を効かせすぎて、魅力のない漫画キャラのよう」「シナリオもブレている。堕落と混乱の間でぐらついていて、『はぁ?どういう意味?』と言いたくなる」などなど、酷評に次ぐ酷評の嵐だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >