2018/06/01 18:00

アベンジャーズ&デップーの悪役俳優ジョシュ・ブローリンが、巨大山火事に立ち向かうリーダーに!

危険な山火事の消火に挑む男たちを描いた『オンリー・ザ・ブレイブ』は6月22日(金)より公開/[c] 2017 NO EXIT FILM, LLC
危険な山火事の消火に挑む男たちを描いた『オンリー・ザ・ブレイブ』は6月22日(金)より公開/[c] 2017 NO EXIT FILM, LLC

最近では『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(公開中)のサノスや『デッドプール2』(公開中)のケーブルなど、ヒーローたちと対立する役のイメージが強いジョシュ・ブローリン。そんな彼が、熱くて頼れる“森林消防隊”の隊長エリック・マーシュを演じる、実際に起きた山火事を題材にした映画『オンリー・ザ・ブレイブ』が6月22日(金)より公開される。そのマーシュ隊長が新人隊員に森林消防隊独自の消火方法を伝える、いまにも炎が迫ってきそうな驚愕の本編映像が到着した。

■ ジョシュ・ブローリンは元消防隊員だった!

ジョシュが演じるマーシュ隊長は経験豊富で洞察力に優れ、抜群の統率力で個性的な隊員たちをまとめ上げる、まさに理想のリーダー。しかし、仕事に誠実という側面の一方で、家庭を大事にする妻との距離感に悩みを抱え、その哀愁漂う姿には共感する人も少なくないだろう。実は20代の頃、ボランティア消防隊で3年間も消火活動を経験していたというジョシュ。時に厳しく、時に優しい一面をのぞかせる、屈強な男たちの父親的存在を等身大で体現している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >