2018/06/03 20:00

川村元気、佐藤雅彦らが世界に仕掛けた短編映画。“数学的理論”を“ヒューマンドラマ”に導くまで

5人の監督。写真上段は「c-project」の面々、下段左は川村元気、下段右は佐藤雅彦
5人の監督。写真上段は「c-project」の面々、下段左は川村元気、下段右は佐藤雅彦

日本映画として21年ぶりのパルムドールを受賞した『万引き家族』(6月8日公開)の先行公開が始まった。「監督週間」にアニメーション作品で唯一選出された『未来のミライ』(7月20日公開)など、日本映画のニュースが多数飛び交った第71回カンヌ国際映画祭だったが、短編コンペティション部門でも、映画の可能性を押し広げる日本映画があった。

多くの人気映画を手掛けてきたプロデューサーの川村元気と、東京藝術大学の教授でありクリエイティブディレクターの佐藤雅彦率いるc-project(関友太郎・豊田真之・平瀬謙太朗)がコラボレーションした短編映画『どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている』だ。残念ながら受賞は逃したが、上映における反応は上々。世界中から集まった映画評論家と映画ファンが集うカンヌ映画祭の空気を体感した5人の話を振り返る。

■ 数学的理論をテーマに始まった短編プロジェクト

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >