2018/06/09 21:00

『万引き家族』の是枝裕和監督がリリー・フランキーを絶賛「バケモノです」

『万引き家族』の是枝裕和監督にインタビュー
『万引き家族』の是枝裕和監督にインタビュー

『万引き家族』(公開中)で、第71回カンヌ国際映画祭パルムドールの栄誉に輝いた是枝裕和監督に単独インタビュー。日本人監督の同賞受賞は、97年の今村昌平監督の『うなぎ』以来21年ぶりの快挙だった。共に映画祭に参加したリリー・フランキーは、公式上映後のスタンディングオベーションで男泣きし、受賞時は「驚きと感動でじんましんが出た」とのこと。是枝監督はそんなリリーに“バケモノ”という最上級の賛辞を送る。果たしてその真意とは?

祖母・初枝(樹木希林)の古い一軒家に身を寄せ合って暮らす家族5人。日雇い労働者の父・治(リリー・フランキー)と息子・祥太(城桧吏)は、生活のために2人でよく万引きをしている。ある日彼らは、団地の廊下で凍えていた少女・ゆり(佐々木みゆ)を放っておけず、家に連れて帰る。妻・信代(安藤サクラ)は呆れるも、傷や痣だらけの少女を見て悲惨な状況を察し、そのまま彼女の面倒をみることに。

リリーは、是枝監督が第66回の同映画祭で審査員賞を受賞した『そして父になる』(13)をはじめ、『海街diary』(15)、『海よりもまだ深く』(16)と3本の是枝組を経て、本作で遂に俳優のクレジットでトップに躍りでた。是枝監督が治役をリリーにオファーしたのは、『そして父になる』でリリーが演じた、子煩悩で味のある電気屋のオヤジ像がとても印象深かったからだそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >