2018/06/10 19:00

『万引き家族』の是枝裕和監督が明かした安藤サクラの魅力「あんな泣き方をする女優を初めて見た」

『万引き家族』の是枝裕和監督にインタビュー
『万引き家族』の是枝裕和監督にインタビュー

【※この記事は映画の核心に触れる内容を含みます。鑑賞前の方はご注意ください】

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した、是枝裕和監督作『万引き家族』(公開中)。カンヌ映画祭の審査委員長ケイト・ブランシェットが、なかでも手放しで絶賛した俳優が、是枝組初出演の安藤サクラだ。安藤にとっては、本作が第1子出産後初の映画出演作となった。是枝監督に単独インタビューし、安藤の魅力やキャスティング秘話について話を伺った。

犯罪でしかつながれなかった“万引き家族”を演じたのは、リリー・フランキー、安藤、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆの6人だ。是枝監督は「いろんな人と稀有なタイミングで出会えた現場だった」と振り返るが、特に安藤にオファーした際のエピソードが印象深い。

「街で出産前の安藤さんにばったり会って、確か次の日くらいにオファーの連絡をしたと思います。信代はリリーさん演じる治の相手役。リリーさんが50歳を過ぎていたから、バランス的には40歳くらいの女優さんを想定していたので、安藤さん(現在32歳)のキャスティングは考えてなかったです。しかし、街でお会いした時『この2人ならありかもしれない』と思い、打診しました。実はその時点で安藤さんは『子どもを産んでみて、自分がどんなふうに変化するのかわからないから、受けられないかもしれません』というような話もされていましたが、僕のなかで『信代役は安藤さん』と決めていました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >