2018/06/11 08:15

是枝裕和監督の目指す“invisible”なつながりとは。『万引き家族』を評価したカンヌの意義

『万引き家族』でパルムドールを受賞した是枝裕和監督
『万引き家族』でパルムドールを受賞した是枝裕和監督

是枝裕和監督作の『万引き家族』(公開中)を巡って、議論が巻き起こっている。是枝監督は「公権力とは距離を保つ」として祝意を辞退する考えを「「invisible」という言葉を巡って——第71回カンヌ国際映画祭に参加して考えたこと——」(6月5日)、「『祝意』に関して」(6月7日)と2度にわたって公式サイトで明らかにした。

カンヌは世界の激動に対峙しようとする映画祭である。映画には世界を変える力がある、と信ずる映画祭である。少なくともそうあろうとする。そんな、『万引き家族』をパルムドールに選んだカンヌ国際映画祭の意義を改めて見つめる。

是枝作品は総合的な評価と社会性を買われてパルムドールに輝いたが、そのほかの日本映画は演技など演出上の実験性が評価されていた。今年出品された日本映画は、監督週間のアニメ『未来のミライ』(7月20日公開)を含めて4本。長編コンペでは『万引き家族』と初カンヌ入りした濱口竜介監督『寝ても覚めても』(9月1日公開)、短編コンペでは2回目の佐藤雅彦とc-project &川村元気監督『どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている』が上映された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >