2018/06/24 11:30

不倫は芸術なのか?ホン・サンスと“ミューズ”キム・ミニの軌跡をたどる4つの物語

キム・ミニがベルリン国際映画祭で韓国人女優初の女優賞を獲得した『夜の浜辺でひとり』/[c]2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
キム・ミニがベルリン国際映画祭で韓国人女優初の女優賞を獲得した『夜の浜辺でひとり』/[c]2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

今年のカンヌ国際映画祭で絶賛を集めた『バーニング(英題)』のイ・チャンドンや、『嘆きのピエタ』(12)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したキム・ギドク、またハリウッド進出を果たしたキム・ジウン、パク・チャヌク、ポン・ジュノと、アジア映画の中でも実力の高い監督がひしめく韓国映画界。なかでも特に国際色豊かな作品を手掛ける監督はホン・サンスであろう。

日本で韓国映画の一大ブームが巻き起こるよりも前にデビュー作『豚が井戸に落ちた日』(96)が公開されている彼の作品は、どういうわけか一挙にまとめて紹介されることが多い。2012年の秋に『よく知りもしないくせに』(09)から『次の朝は他人』(11)までの4作品が同日に封切られ、その後も『ソニはご機嫌ななめ』(13)と『へウォンの恋愛日記』(13)が同日公開。そして現在、近作4本が順を追って劇場公開されている。

ひとりの作家の作品群が、そうして数本ずついくつかのシリーズ(といってもストーリー的なつながりではなく、作品の性質的な、ないしは精神的なつながりだ)で区切られているというのは、ヌーヴェルヴァーグの巨匠エリック・ロメールを彷彿とさせるものがある。前述した2012年の4作品は「<恋愛についての4つの考察>」と銘打たれていたわけだが、今回の4作品は一言で言えば「キム・ミニ4部作」ということだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >