2018/06/29 13:30

綾野剛&北川景子「一緒にぶっ飛んでみるのもいい」“どこか似ている2人”のシンパシーの理由

綾野剛と北川景子、初共演にして息ぴったり!
綾野剛と北川景子、初共演にして息ぴったり!

町田康の同名小説を石井岳龍監督が映画化した『パンク侍、斬られて候』(6月30日公開)で、綾野剛と北川景子が初共演を果たした。クセ者たちが破天荒な掛け合いを繰り広げ、観客を“見たことのない世界”へと誘う本作。「初共演とは思えない」と声を揃えるほど相性ぴったりの綾野と北川だが、「念願叶っての共演。それがこういう作品でうれしい」と圧倒的熱量を持った作品で戦友となれたことに喜びをあふれさせる。「どこか似ている」という2人が、お互いにシンパシーを感じる理由とはなんなのか?

『狂い咲きサンダーロード』(80)などの鬼才・石井監督がメガホンをとり、自らを“超人的刺客”と表す浪人・掛十之進(綾野)が、前代未聞のハッタリ合戦に参戦していく姿を描く本作。石井監督から「宇宙と戦ってほしい」と未知の世界へと飛び込む意気込みを求められたという綾野は「脳内破壊映画。宣伝不可能な映画」と本作を表現する。

チャレンジングな作品となったが、オファーを受けてどのような感想を持ったのだろうか。綾野は「石井監督が『主演・綾野剛でやりたい。綾野剛でなければ無い』とおっしゃってくださったんです。町田康さんの原作を石井さんが監督をして、宮藤官九郎さんが脚本を書くことが実現したら、それはぜひ映画館で観たいと思った」と『シャニダールの花』(13)、『ソレダケ / that’s it』(15)でも仕事を共にした石井監督への信頼感を吐露。「監督のイメージしていたキャストが、みんなハマった」と明かすように、石井監督の願った通りのキャストが集ったが、綾野も「ろんについては、僕のなかでも北川さんしか考えられなかった」と十之進が惹かれていくヒロイン・ろん役を演じた北川について語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >