2018/07/01 10:30

戸田恵子、アンパンマン「もうやれない」と苦悩した過去。辿り着いた表現者としての覚悟

「人が喜ぶことをする」戸田恵子が表現者としての覚悟を語る!/撮影/黒羽政士
「人が喜ぶことをする」戸田恵子が表現者としての覚悟を語る!/撮影/黒羽政士

日本中に愛と勇気を届けてきた「それいけ!アンパンマン」が放映開始30周年を迎えた。劇場版も『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』(6月30日公開)で30作目。アンパンマンの声を務めてきた戸田恵子は「楽しいこともあれば、悲しいこともたくさんあった」と30年の道のりを振り返る。13年には原作者のやなせたかしが逝去。17年にはドキンちゃん役の声優・鶴ひろみが亡くなり、悲しみにくれる日々も。そんななか、一度は「もう、アンパンマンをやれない」と思ったこともあると告白する。いま、どんな思いでアンパンマンに向き合っているのか。戸田を支える“表現者としての覚悟”に迫る。

劇場版の1作目が公開となったのは、1989年のこと。30作目となる本作は、アンパンマン誕生のきっかけとなった“いのちの星”が鍵となる物語。“なんのために生まれて なにをして生きるのか”というフレーズでおなじみの「アンパンマンのマーチ」に込められたメッセージに、改めてスポットを当てた作品となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >