2018/07/03 13:30

池田エライザ、『ルームロンダリング』のこじらせ系ヒロインに共感

『ルームロンダリング』で主演を務めた池田エライザ/撮影/黒羽政士
『ルームロンダリング』で主演を務めた池田エライザ/撮影/黒羽政士

ニコラのモデルを経て、女優としても独自のカラーを発揮してきた池田エライザに単独インタビュー。主演映画『ルームロンダリング』(7月7日公開)では、ある時から幽霊が見えるようになるヒロイン・八雲御子役に扮した。心に深い孤独を抱える“陰”のヒロイン像に心から共鳴できたという池田。今回、彼女が持つ“陽”のパブリックイメージとは異なる心の内について話を聞いた。

マネーロンダリングならぬ“ルームロンダリング”とは、事故物件に一定期間だけ住み、忌まわしい履歴を消すこと。5歳で父親と死別し、母親も失踪してしまった八雲御子は、叔父の雷土悟郎(オダギリジョー)から言われるがままに、ルームロンダリングのバイトをしてきた。ある時から幽霊が見えるようになった御子は、部屋に居座る幽霊たちに振り回されていく。

本作は「TSUTAYA CREATORS'PROGRAM FILM 2015」準グランプリ作に輝いたオリジナル企画の映画化作品で、共同脚本を手掛けた片桐健滋監督の長編映画監督デビュー作となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >