2018/07/06 22:45

X線写真を公開!脊椎側弯症のユージェニー王女、勇気の啓蒙活動

少女時代から病気と闘ってきたユージェニー王女/写真:アフロ
少女時代から病気と闘ってきたユージェニー王女/写真:アフロ

長年交際を続けてきたジャック・ブルックスバンク氏との婚約を1月に発表し、10月に予定されている華燭の典を控えて、幸せいっぱいのユージェニー王女。姉のベアトリス王女とも仲がよく、いつも穏やかな雰囲気のユージェニー王女だが、少女時代から「脊椎側弯症」と闘ってきたことでも知られている。

脊椎側弯症とは、背骨が横方向に曲がったりねじれたりする病気で、その多くが身長が伸びる時期に突発的に発症するという。思春期の女児に多く、湾曲の程度によっては容姿に影響を与えるだけでなく、内臓圧迫などの健康上の問題も生じてくる。しかし予防法はまだ確立されておらず、現時点では手術が最も効果的な治療方法とされているそうだ。

ユージェニー王女は12歳の時、ロンドンにある王立整形外科病院で手術を受け、矯正のために2本のチタン製ロッドを挿入した。以来経過は順調で、再手術の必要もなく現在に至っているという。王女は先月30日、脊椎側弯症協会の定めた“啓蒙の日”に合わせ、手術の痕跡が一目でわかるX線写真を自身のインスタグラムに投稿した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >