2018/07/25 17:30

山下智久、10年前は「周りを見る余裕がなかった」『コード・ブルー』を経て得た成長とは?

山下智久は「コード・ブルー」シリーズを経てどんな10年を歩んできたのか?ファン必見のアツいコメントが盛りだくさん!/[c]2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会
山下智久は「コード・ブルー」シリーズを経てどんな10年を歩んできたのか?ファン必見のアツいコメントが盛りだくさん!/[c]2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

多くのファンに愛されてきたテレビドラマ「コード・ブルー」シリーズ放送開始から10年。初の映画『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、7月27日(金)にいよいよ公開を迎える。座長としてチームを引っ張ってきた山下智久も、現在33歳。本シリーズが、山下自身のキャリアの中で最も長く携わってきた作品となった。「コード・ブルー」と共に歩んできたこの10年は、山下にとってどんな時間だったのだろうか。作品への熱い思いを語ってもらった。

■ 役者の演技が“本物”になる瞬間とは?

山下扮する主人公・藍沢耕作をはじめ、救命センターの医師たちを災害現場へ運ぶ“ドクターヘリ”。現在は日本全国の救命医療の現場で導入されているものの、07年当時の配備数はわずか14機しかなかった。「ドラマの放送でドクターヘリの認知度が上がり、少しでも社会的に貢献ができたのは、誇らしいことだと思います。そうやって皆さんに知ってもらうことで、ヘリがまた1台、2台と増えていく可能性がある」と、医療ドラマの主演を張る役者としての使命感を覗かせた山下。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >