2018/07/24 11:45

リピーター続出『ジュラシック~』がV2、関連イベント目白押しの『未来のミライ』は初登場2位!

初登場2位となった細田守監督最新作『未来のミライ』/[c]2018 スタジオ地図
初登場2位となった細田守監督最新作『未来のミライ』/[c]2018 スタジオ地図

7月21日・22日の週末映画動員ランキング。多くの学校で夏休みがスタートしたということもあり、子どもから大人まで幅広い層で楽しめる作品の強さが目立つ結果となった。

■ 初登場2位の『未来のミライ』は、グッズやイベントも充実!

初登場2位にランクインしたのは、細田守監督の3年振りとなる新作『未来のミライ』。細田作品といえばこれまでも『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)と家族を題材にした幅広い層が楽しめるものが、夏休みシーズンに興行され好成績を収めてきたが、4歳の男の子を主人公に家族の姿を描き、子どもから大人まで楽しめる本作も、土日2日間で動員29万5000人、興収4億円をあげるスタートを切った。

また映画の公開を記念した、ショップや展示なども充実している本作。各地で期間限定オープンしている「スタジオ地図ショップ」では、本作や過去作のグッズを販売しており盛況の様子。また7月25日(水)からは『未来のミライ展』がスタート、7月27日(金)には「金曜ロードSHOW!」にて『バケモノの子』の放送がされるなど、さらなる盛り上がりとなりそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >