2018/07/26 21:45

メーガン妃、掟破りはお友達スタイリストの仕業で大炎上!?

メーガン妃のファッション、立役者は友人スタイリスト?/写真:アフロ
メーガン妃のファッション、立役者は友人スタイリスト?/写真:アフロ

挙式から現在に至るまで、何かと物議を醸しているメーガン妃のファッション選びの立役者が、メーガン妃の友人だったことが発覚。しかもブライアン・マルロニー元カナダ首相の長男の妻であることから、炎上騒ぎに発展している。

その人物とは、メーガン妃が出演していたテレビドラマ「SUITS/スーツ」で、メーガン妃と仕事をした仲で親友でもあるジェシカ・マルロニーだ。ジェシカは、カナダのジャスティン・トルドー首相夫人のスタイリストを務める凄腕スタイリスト兼デザイナーでもあるが、英王室のファッション専門家ではない。また、メーガン妃の挙式では“ジェシカのお尻”でメディアを魅了した、ある種目立ちたがり屋な女性でもある。

この事実は、メーガン妃が故ネルソン・マンデラ元大統領の生誕100年を記念する展覧会で「ハウス・オブ・ノーニ」を着ていたことで発覚。それというのも、同ブランドを手掛けたニナ・カーレイが、「今日はなんて素晴らしい日でしょう!メーガン妃が私のドレスに身を包んでいる」と投稿。一躍有名になったことで、「兄が13年前に亡くなってつらいことが多かったけれど、頑張ってきた甲斐があった」ことや「ジェシカが同ブランドの愛好者で友人」でもあること、「ジェシカも私も、メーガン妃がこういうドレスを着ることで、英王室に新しい風を吹き込んでくれると信じている」といった発言をしたと報じられ、お友達びいきのファッション選びが、改めて浮き彫りになった格好だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >