2018/08/05 14:00

【経緯まとめ】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』キャストが、監督の解雇に抗議の声明!

「ガーディアンズ」の監督が、過去の発言によりディズニーから解雇!/写真:SPLASH/アフロ
「ガーディアンズ」の監督が、過去の発言によりディズニーから解雇!/写真:SPLASH/アフロ

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ2作を成功に導いたジェームズ・ガン監督を、彼が過去にツイッター上で不適切な発言をしたことを理由にディズニーが解雇したことをうけ、現地時間7月30日に、同映画のメインキャスト9名が監督を支持する声明文を発表した。

この背景には、ガン監督が08年から11年の間に自身のツイッターで、小児愛やレイプ、エイズにまつわるツイートをしたことが原因にある。なぜ10年も前のツイートが今浮上したのかというと、監督がトランプ大統領や移民政策に関して批判のコメントをしたのを発端に、極右の政治コメンテーターのジャック・ポソビエックや、右翼メディアのThe Daily Callerが過去のツイートを掘り起こしたからだ。

ジェームズ・ガンは以前から、米国の政治や社会問題に強い意見があり、世間を挑発する風刺的な発言をすることで知られている。問題視されているツイートは、ジェームズ・ガンがわざと小児愛者の目線で「小さい男の子に、アソコを触られるのが好き」と発言したものや「笑いは最良の薬。だから俺はエイズ患者を笑う」といったツイートだ。故意に反面教師を演じたブラックジョークとも捉えられるが、ディズニーの新たな看板シリーズを代表する人物としてふさわしくない発言であることは確か。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >