2018/08/06 17:15

『ゲット・アウト』ジョーダン・ピール監督の新作、キャスティングが明らかに

ジョーダン・ピール監督(右から2人目)の新作、実力派が勢ぞろい!/写真:SPLASH/アフロ
ジョーダン・ピール監督(右から2人目)の新作、実力派が勢ぞろい!/写真:SPLASH/アフロ

『ゲット・アウト』(17)でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督の新作映画『US(原題)』のキャスティングが確定したと、米バラエティが報じた。同作は“社会派スリラー”ということ以外、ストーリーの詳細は明かされていない。

公開されたポスターには2つの横顔のシルエットと共に「アカデミー賞を獲得したジョーダン・ピールが手掛ける新しい悪夢」というキャッチコピーが添えられている。

本作はピール監督の制作会社「モンキーポー・プロダクションズ」が製作をし、ピール監督は脚本と監督を担う。本作は監督が今年の春ユニバーサル・ピクチャーズと結んだファーストルック契約下の初の映画となる。

キャストは『それでも夜は明ける』(13)や『ブラックパンサー』(18)のルピタ・ニョンゴ、ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のエリザベス・モス、『ブラックパンサー』でエムバク役を演じたウィンストン・デューク、ミュージシャン兼コメディアンのティム・ハイデッカー、『アクアマン(原題)』にブラックマンタ役で出演予定のヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、ドラマ「24:レガシー」のニコール・カーター役で有名なアナ・ディオプが決定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >