2018/09/26 07:15

10年経ったなんて信じられない!逢沢りな、杉本有美、及川奈央「ゴーオンジャー」女性陣を撮って出し!

左から及川奈央(害水大臣ケガレシア役)、逢沢りな(楼山早輝役)、杉本有美(須塔美羽役)/撮影/渡邊明音 [c]2018 東映ビデオ・東映
左から及川奈央(害水大臣ケガレシア役)、逢沢りな(楼山早輝役)、杉本有美(須塔美羽役)/撮影/渡邊明音 [c]2018 東映ビデオ・東映

本日9月26日にDVD&Blu-rayが発売された『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』は、08年~09年放送の“スーパー戦隊シリーズ”のメンバーが10年ぶりに集結したメモリアルな新作。放送当時、アイドルユニットを組むなど人気を博した3人のヒロイン、楼山早輝/ゴーオンイエロー役の逢沢りな、須塔美羽/ゴーオンシルバー役の杉本有美、害水大臣ケガレシア/ケガイエロー役の及川奈央に制作エピソードなどを聞いた。三者三様の魅力が詰まった撮り下ろし写真と共に楽しんでほしい。

■ ガラケーで変身していたゴーオンジャー

――放送から10年経過しているだけに、キャストが再び揃っての映像化までは、なかなか困難だったのでは?

逢沢「放送終了後も都合が合う人同士でご飯を食べたりしていたんです。そこで、ほかの戦隊が10周年記念の新作を撮っていることも話題になって…」

及川「私たちも節目が近づいてきて『みんなでやれたらいいね』と、誰からともなく声が挙がって『待っていても話が来るわけじゃないから』と、私たちからプロデューサーへ想いを伝えに行ったんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >