2018/10/04 10:00

原作者も大絶賛の映画『ビブリア古書堂の事件手帖』“美麗”な場面写真一挙解禁

新場面写真と原作者コメントが解禁/[c] 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会
新場面写真と原作者コメントが解禁/[c] 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

累計680万部を誇る三上延の人気文芸ミステリーを実写映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』が、11月1日(木)より公開となる。鎌倉の片隅を舞台とする本作から、本編の美しい情景を切り取った新場面写真が一挙解禁。さらに、原作者の三上延と全国の書店員の映画鑑賞コメントも到着した。

過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)は、夏目漱石の「それから」に記された著者サインの真偽を確かめるために“ビブリア古書堂”を訪れる。美しき店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた2人は、2冊の本に隠された秘密が、1つの真実につながっていることを知る。本作では栞子と大輔の現代パート、そして大輔の祖母・絹子(夏帆)と嘉雄(東出昌大)の“知られてはいけない恋”を描く過去パートが交差する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >