2016/11/21 17:00

『ファンタビ』公開直前!知ればもっと楽しめる監督&プロデューサーの裏話

前作に引き続き、本作でも監督を務めたデヴィッド・イェーツ/[c]2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
前作に引き続き、本作でも監督を務めたデヴィッド・イェーツ/[c]2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

いよいよ11月23日(水)に公開が迫る「ハリー・ポッター」シリーズの新章、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。主要キャストらが待望の来日を果たし、“ファンタビ”ムーブメントが巻き起こるなか、デヴィッド・イェーツ監督とプロデューサーのデイヴィッド・ヘイマンによるインタビューをひと足早くお届けする!

デヴィッド・イェーツは、第5作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(07)から最終章までの4作品でメガホンをとった、シリーズ中で最も信頼が厚いといえる監督。一方、プロデューサーのヘイマンも第1作が始動した1997年から製作を務め、超人気シリーズへと導いた功労者だ。盤石の布陣で臨んだと思われた今作だったが、イェーツ監督は「それでも、怖い気持ちがあるんだ」と本音をポロリ。世界中のファンが待ち望む大作へのプレッシャーは相当なものだったようだ。

今回、前シリーズと違い、製作面で大きく様変わりしたのが、「ハリー・ポッター」ワールドの創造主である原作者のJ・K・ローリング自身が、初めて脚本と製作を受け持ったということ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >