2016/12/07 19:39

激ヤセアンジー、ブラピに月4回のドラッグとアルコール検査を強制

心労で拒食症になっているというアンジェリーナ・ジョリー/写真:SPLASH/アフロ
心労で拒食症になっているというアンジェリーナ・ジョリー/写真:SPLASH/アフロ

ブラッド・ピットが、9月19日にアンジェリーナ・ジョリーから一方的に離婚を突きつけられて早くも3か月が経とうとしている。アンジェリーナが離婚を決意するきっかけとなったとされる長男マドックスに対するブラッドの虐待疑惑は晴れたため、ブラッドに有利な方向へ事態が展開すると思われていたが、そう簡単にはいかないようだ。

一時的とはいえ、アンジェリーナの要求する単独親権が継続しており、ブラッドは相変わらず6人の子供たちとは、セラピスト帯同の面会のみが許されている。また毎週、個人セラピーを継続すると共に、家族全員でのセラピーにも参加しているが、先週金曜日に裁判所が受理した書類から、新たな事実が発覚した。

TMZ.COMが入手した情報によれば、「ブラッドが子供たちに会えるかどうか、どれだけの頻度で、どんな条件で会うのかは、親権を専門とするイアン・ルスというセラピスト1人の判断にゆだねられている」「また新たに、月4度、ドラッグおよびアルコールに関する抜き打ち検査の結果を提出することも義務づけられている」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >

おすすめキャンペーン