2016/12/26 18:07

ハードなセックス描写だけじゃない!?女性が共感できるエロスシーンをピックアップ!

女性の孤独な感情が描かれる『牝猫たち』/[c]2016 日活
女性の孤独な感情が描かれる『牝猫たち』/[c]2016 日活

今年で45周年を迎えた、日本映画史が誇る伝説的レーベル“日活ロマンポルノ”。量産体制された成人映画だけあって、“濡れ場”と言われる濃密な性愛シーンばかりがフィーチャーされるが、日本を代表する5人の監督の手により再起動された「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の作品には、女性が共感できる官能描写も満載!今回は、女性向けに“極私的エロス”シーンをピックアップしてみた。

その要素が特に顕著に表れているのが、落ち目の映画監督・古谷(板尾創路)が女性たちの間を漂う姿が描かれる行定勲監督の『ジムノペディに乱れる』(公開中)。古谷にお金を貸してほしいと頼まれた女性が、金を工面するために他の男と体を交わすシーンなど、ダメな人間ということを理解していながらも、古谷に惹かれ、尽くしてしまう女心が語られる。

実は行定監督、脚本を2本書いていたようで、「1本目は自分が本当に観たい作品として書きました。そしたら日活からNGが出たんです(笑)。これじゃ女性が観られないと。そこで一旦諦めようと思いましたが、日活ロマンポルノには憧れがあったので再挑戦しました。女性の慈悲深さに救われる男を、女性目線で描きました」と、完成報告記者会見の場で明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >