2016/12/22 20:45

ミラ・ジョヴォヴィッチが撮影裏話を告白!「毎日10時間ゾンビに追われた」

ポール・W・S・アンダーソン監督とミラ・ジョヴォヴィッチ
ポール・W・S・アンダーソン監督とミラ・ジョヴォヴィッチ

シリーズ第6弾であり最終章の『バイオハザード:ザ・ファイナル』が12月23日(祝)にいよいよ公開される。そこで今回は、シリーズを通じ、ヒロインのアリスを演じてきたミラ・ジョヴォヴィッチと、伴侶のポール・W・S・アンダーソン監督にインタビュー。制作の裏話を語ってもらった。

まずは、撮られる側としてはどんな苦労があったのか、ミラに聞いたところ、“撮影のタイミング”に苦労があったと明かす。

「カメラの前に立つ前に、まず、赤ちゃんを抱えていたんですね。南アフリカでのリハーサルのときは、下の娘(4か月)に母乳をあげている段階で。私は、ふたりの娘それぞれを生んだときに結構体重が増えたのもあって、それを落とさなくてはいけなかったんですが、ただの映画の準備ではなくてバイオハザードレディになるにはスーパーな準備が必要で。そのことに不安があったんですが、南アフリカのトレーナーが素晴らしい人だったというのと、ポールと毎日2時間ハイキングに行って体重を落としていきました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >