2017/01/05 13:57

中島裕翔、初のラブストーリー主演作での胸キュンシーンを語る

『僕らのごはんは明日で待ってる』の中島裕翔にインタビュー/[c]2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会
『僕らのごはんは明日で待ってる』の中島裕翔にインタビュー/[c]2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

『僕らのごはんは明日で待ってる』(2017年1月7日公開)で、初めてラブストーリーの主演を務めたHey! Say! JUMPの中島裕翔にインタビュー。無口でネガティブな亮太役に等身大で臨めたという中島が、共演の新木優子との撮影裏話や胸キュンシーンの舞台裏について語ってくれた。

原作は瀬尾まいこの同名恋愛小説。主人公の亮太(中島裕翔)と、明るく超ポジティブな小春(新木優子)の運命的な恋を描く。中島は脚本を読んだ時に、温かさや柔らかさを感じたそうだ。「ラブストーリーだと言われたので、まずは男の子がドSで女の子にいろいろと仕掛けていくといった王道のものを想像したんです。でも、タイトルに平仮名の“ごはん”が入っているから、そういうものじゃないなあと。脚本を読んでみたらうるうるするし、亮太がだんだん成長していくのもいいなあと思いました」。

中島はネガティブな亮太役に「ガチガチに役づくりをしていくというよりは等身大でやっていこう」といつもとは違うアプローチをしていった。「無口で自分の殻に閉じこもっていて、人とあまりコミュニケーションを取らない。わかりやすく言うと草食系男子に近いと思いました。でも小春と出会い、生きる上でのポジティブさを分けてもらって、最終的に自分が大事にしなければいけないものに気づいていくんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >