2017/01/07 15:24

窪塚洋介、和服姿で『沈黙』LAプレミアに参戦!スコセッシ監督とレッドカーペットを闊歩

『沈黙』LAプレミアが開催された/MICAFOTO
『沈黙』LAプレミアが開催された/MICAFOTO

遠藤周作の小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙-サイレンス-』(1月21日公開)のロサンゼルスプレミアが、現地時間1月5日にDGA(DIRECTORS GUILD OF AMERICA)で開催された。レッドカーペットにはスコセッシ監督をはじめ、主演のアンドリュー・ガーフィールド、日本から窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、イッセー尾形らも駆けつけ、感無量の気持ちを語った。

スコセッシ監督が原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し長年に渡り温め続けてきたという本作。会場には、30メートルにわたるレッドカーペットが敷かれ、世界中の期待を一身に集めるキャスト・スタッフ陣に、映画の公開を待ち望む500人を超える人々が待ち構え、世界各国のメディアが多数押し寄せた。

本作で日米のキャスト陣が肩を並べて公の場に登場するのは初の機会。一同は、場内が大きな拍手に包まれるなか登場した。主演のアンドリューは「スコセッシ監督と一緒に仕事が出来たことに感謝している。窪塚洋介さん、浅野忠信さん、イッセー尾形さん、塚本晋也さん、皆さんと一緒に仕事が出来て光栄。尊敬の念を深め、強い影響を受けた」とコメント。窪塚と2ショットの場面もあり、窪塚が完成した作品に「すごく驚いて、涙が止まらなかったよ」と感想を述べると、ガーフィールドが「映画の中の君は本当に素晴らしかった」と応じる場面もあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >