2017/01/11 19:54

第74回GG賞に現れたサラ・ジェシカ・パーカーの顔が怖すぎる!

サラ・ジェシカ・パーカーが、久しぶりにゴールデングローブ賞授賞式に参加/写真:SPLASH/アフロ
サラ・ジェシカ・パーカーが、久しぶりにゴールデングローブ賞授賞式に参加/写真:SPLASH/アフロ

現地時間1月8日に行われた第74回ゴールデングローブ賞(以下GG賞)の授賞式で、テレビ部門にノミネートされていたサラ・ジェシカ・パーカー(51)がレッドカーペットを歩いた。

GG賞の常連だったサラだが、2007年以降はご無沙汰。今回は10年ぶりのレッドカーペットとあって、メディアもファンも期待値は高かった。サラはリスクテイカーとしても知られており、今回選んだファッションが吉とでるか、凶とでるかが話題になるはずだったが、別の方向で話題をさらってしまったようだ。

かねてからサラの極度な劣化ぶりは有名で、彼女自身も容姿の衰えについて「見ると落胆する」と語っていた。過去のGG賞では辛口司会者リッキー・ジャーヴェイスから、「『セックス・アンド・ザ・シティ 2』(10)のポスターと実物はあまりに違う」といじられてしまったこともあるサラ。

しかし今回、ヴェラ・ウォンの白いふんわりした長袖ドレスに、故キャリー・フィッシャーが『スター・ウォーズ』シリーズで演じていたレイア・オーガナのようなヘアスタイル、目の周りはスモーキーメイクという定番でキメたサラは、さらに顔の劣化が進行。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >